住宅ローンについて

「住宅ローン」とは、個人が土地の取得や住宅の購入、住宅の新築、リフォームの為に銀行や住宅金融会社から資金を借りることです。

住宅ローンの種類

「住宅ローン」の種類は大きく分けると「公的融資」と「民間融資」の2種類に分かれます。

公的融資

住宅金融支援機構、年金融資、財形融資、自治体融資などがあります。これらの住宅ローンは、 金利が安いというメリットの反面、条件や制限が厳しくなかなか借りる事が出来ないという現実があります。

民間融資

銀行や保険会社、ノンバンクなどが扱っており、条件や制限が少ないのが特徴です。ただ、申込先の金融機関によって金利が大きく違いますので、金融機関選びが大変重要な鍵を握っています。

ローンの返済方式

住宅ローンの返済形態には、「元利均等返済」と「元金均等返済」の2通りがございます。

元利均等返済

元利均等返済は返済額が一定な返済方法で、 元金と利息の割合だけが変化します。返済額が一定ということは、計画が立てやすいといえます。
※右の図のように最初は利息の割合が大きく、後のほうは 元本の割合が大きくなります。 しかし、返済額は一定となっています。

元金均等返済

元金均等返済は元金の支払いを一定にし、 元本の残高に応じて利息が上乗せされる返済方法です。
※右の図をご覧頂くと最初は利息分が多く、期間が進むにつれて利息が減っていきます。 総返済額では元金均等返済より元利均等返済の方が負担が少なくなります。 住宅ローンによっては途中で元利均等返済から元金均等返済に変更することも可能です。

金利タイプ

金利形態には「固定金利」「変動金利」などがあり、こちらも各金融機関によって様々な違いがあります。

全期間固定金利タイプ

全期間固定金利とは、フラット35などに見られるタイプで、完済までの期間、金利が一律に設定される
タイプです。メリットとしては、返済額が決定しているのでライフプランを立てやすい事が挙げられます。
また、金利が上昇した際にも全期間固定金利であれば返済額は変わりません
ただし、金利が低下した場合、そのメリットを享受する事はできません
変動金利に比べて、金利が高めに設定されている事もデメリットといえます。

変動金利タイプ

変動金利タイプは、完済まで半年ごとに金利が見直されるタイプの金利です。
理論上は金利が上昇すると収入も上昇するので、リスクは少ないと言われています
元利均等返済では、利息と元金の割合が半年ごとに見直されます。返済額が急激に上がらないように
5年ごとに見直すタイプもありますが(増額の場合は1.25倍の上限がある)、元利均等返済では、利息ばかりを払う事になり、元金がなかなか減らない可能性もあります

固定金利期間選択タイプ

固定金利期間選択タイプの住宅ローンは、初めの一定の期間を「固定金利」で借りることができ、期間が満了した場合は、その時点で新たに「固定金利の期間」を選択したり、「変動金利」に変更できる住宅ローン商品です。当初の「固定金利期間」が短いほど、金利は低く設定してあります
金融機関ごとに多少仕組みは異なりますが一般的に、当初「1年」「2年」「3年」「5年」「7年」「10年」の中から、個人のニーズにあった「固定金利期間」を選択することができます。この商品には「15年」や「20年」という長い期間を扱う金融機関もありますが「15年」「20年」の商品は、長期固定金利の「フラット35」より、金利が高めになっていますので、「15年」「20年」の「固定金利期間選択型」を選ぶのであれば、「フラット35」を利用した方が有利かもしれません。

他社で断られた方もお気軽にご相談下さい!


経験豊富な専門スタッフによる住宅ローンのご相談承っております! 




☆他の不動産屋さんで住宅ローンを断られた方
☆自己資金が0円の方

☆他に借り入れがある方
☆勤続年数や年収が少ない方
☆女性の方
☆単身の方

☆自営業・派遣社員・アルバイト勤務・パート勤務の方
☆住宅ローンについて詳しく知りたい方

上記以外にもお困りの方、マイホームのご購入を諦めるその前に一度ご相談下さいませ。お客様のお悩みやご不安の解決方法をご提案させて頂きます!

お問い合わせはこちらから

TEL 06-6907-7000
お問い合わせ

おすすめ物件 - 購入する