「仲介」と「買取」 それぞれの取引のメリットとデメリットとは?

あなたはどっち?不動産の売却は大きく分けると2種類の方法がございます。

お客様のご要望や条件により「仲介」と「買取」の2種類の方法から選択して頂きます
下記では双方の売却方法、さらにメリットとデメリットをご説明させて頂きます。

「仲介」とは

”当社が買主様を募り売却活動を行います!

良い点

「仲介」で売却する場合のメリットはなんと言っても、買取」よりも売却価格が高くなることです!

悪い点

売却までに時間がかかる場合がある
仲介手数料が発生する

では順に説明させて頂きます♪
①売却までに時間がかかる場合がある
直接「買取」する場合と違い、一般の買主様をお探し致しますので、時間がかかる場合がございます。
仲介手数料が発生する
「仲介」で売却する場合、成功報酬として仲介手数料が発生します。当社の仲介をご利用頂く際には、成約価格が1,000万円以上の場合は仲介手数料は半額にお値引させて頂きます!(※一般のお客様に限ります。)


このようなお客様にオススメです!

・時間をかけてでも少しでも高く売りたい方
・入居中でも一般のお客様に物件を見てもらって構わない方
・次の住まいを販売期間中に探したい方 等

関連記事

「買取」とは

”当社が買主となってお客様の不動産を直接買取致します!

良い点

早期の現金化が可能(目安として2週間~1カ月程度)
人に知られることなく売却することができる
仲介手数料がかからない

では順に解説させて頂きます♪

①早期の現金化が可能
「仲介」と比較した「買取」での売却の最も大きなメリットは、早期の現金化が可能ということです。 「買取」の場合、数日から数週間程度で売却金額を現金化にすることができるのに対して、仲介による売却の場合、買主様の状況にもよりますが、一般的には3ヵ月前後はかかると言われています。
人に知られることなく売却することができる
不動産を売却する理由は様々です。中には人に知られることなく売却したい方もいらっしゃるのではないでしょうか。
「買取」による売却は、不動産会社などの業者と直接に取引することができるため、広告など一切行うことなく売却することができます。そのため、他人に知られることなく売却できるのです。
仲介手数料がかからない
「買取」は直接業者に不動産を売却するので、仲介手数料は発生しないこともメリットの一つとして挙げられます。つまり、仲介手数料がかからない(節約することができる)のです。

悪い点

一方、買取による売却のデメリットはなんと言っても、仲介による売却より売却金額が低くなることです。
直接買取させて頂く場合、利益や各種税金、広告費や物件の状況によってはリフォーム代を見込む為、相場の金額の60%~80%になる事がほとんどです

このようなお客様にオススメです!
・短期間でとにかく早く売却したい方

・売却を人に知られたくない方
・一般のお客様に内覧に来て欲しくない方
・なるべく諸経費を抑えたい方
・面倒な手間をかけずに売却したい方 等

関連記事

≫買取の取引の流れ


おすすめ物件 - 購入する