仲介の取引の流れ

STEP1 査定の依頼をする

査定方法には、実際の物件を見ずに立地や市場から概算で見積もる「机上査定」と、現地調査を行い、より正確な査定額を見積もる「訪問査定」の2種類がございます。

★机上査定
ご所有の不動産の近隣の売り出し事例や過去の成約取引事例、公示価格などをベースに不動産の価格調査を行います。

物件種別(マンション、一戸建て、土地など)、物件の築年月、物件の土地面積や建坪(だいたいで結構です)をお伝え頂くだけで算出いたします。

★訪問査定
ご所有の不動産の現地まで訪問し、売却予定物件を細かく調査させて頂きます。不動産の室内や設備の状態、上水などのインフラなどの整備状況、土地の地形や接道状況、日当り、周辺施設などを確認いたします。さらに法務局などで、登記記録(登記簿)の権利関係や法規制なども調査したうえで、より精度の高い売却可能価格を算出いたします、

STEP2 媒介契約の締結

実際に不動産の売却を依頼して頂く際には、媒介契約を結んで頂く必要がございます。媒介契約には「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3種類がございます。
契約形態ごとにそれぞれの特色がございますので、売却を検討する物件の特徴とあわせてご相談のうえ、お客様にあった媒介契約を選択して頂きます。

STEP3 不動産の売却を開始する

媒介契約が締結すると不動産の売却がスタートいたします。
買主様をお探しするために様々な媒体や手段を活用し、販売活動を展開いたします。

不動産流通機関(通称:レインズへの登録
 国土交通大臣が指定した不動産流通機構に物件の情報を登録します。
ホームページや物件検索サイト(SUUMOやアットホーム等)への掲載
 当社のホームページや住宅情報専門誌、WEBサイトに掲載する広告のほかに、チラシの配布やポスティング広告などでお客様をお探し致します。
オープンハウスの開催
 売却物件を自由に見学できるように開放して、購入を検討している方に直接見てもらうためのイベントになります。

売却活動の状況については、当社の担当スタッフから定期的に報告させて頂きます。専属専任媒介の場合は1週間に1回程度、専任媒介契約の場合は2週間に1回以上と、契約内容によって定められています。もちろん気になることがあればいつでもご連絡下さいませ。

関連記事
レインズ(不動産流通機構)とは?

STEP4 売買契約を結ぶ

買主候補者様が見つかると、売買契約に向けての交渉が始まります。
売主様(お客様)には当社を通して、買主候補者様から購入申込書という書面が掲示されます。
仲介会社は、売買金額、代金の支払い方法、物件の引き渡し時期等を売主様・買主様候補と交渉・調節を行い契約関係書類を作成いたします。

売買契約を結ぶ際には、売主様は売却物件に付帯する設備と状況を買主候補者様に書面で報告する義務がございます。契約後にトラブルが発生しないよう、できるだけ正確な情報をお伝えする必要がございます。もちろん、そういった面でもしっかりとサポートさせて頂きますのでご安心ください♪(*‘∀‘)b

売主様と買主候補者様が売買条件で合意に至ると、当社は売主様と買主候補者様が直接対面する日時や場所の調整を行い、双方に詳細説明を行います。そして、無事に双方の合意が得られると売買契約が成立。売主様は買主様より手付金(※1参照)を受け取ります。

※1 手付金とは
売買契約が成立した際に買主様が売主様にお支払する費用の一つです。これは、契約成立の証拠金としての意味を持っております。手付金の金額は一般に物件価格の5〜10%が相場となっております。


STEP5 決済を行い、物件を引き渡す

いよいよ物件の残代金決済、お引渡しです。残代金のお受け取り、鍵のお引渡しを行い法務局に所有権移転登記等の申請を行います。
その際、住宅ローンのお借入れを残代金で完済する場合には、所有権移転登記の申請に合わせて抵当権の抹消手続きも必要となりますので、事前に当社の担当スタッフにご相談して頂くとお手続きがスムーズです。

最後に、お引渡しが無事完了したという証明として「引渡確認証」を売主様と買主様で取り交わして頂く事で、売買契約のすべてが完了となります。

用意して頂くもの

・登記済権利証
・住民票
・本人確認書類
・印鑑証明書(発効から3か月以内のもの)
・実印
・マンションの場合は管理規約などの必要書類
・売却物件の鍵
・仲介手数料残金
・登記費用(※抵当権抹消の手続き等がある場合)

お問い合わせはこちらから

売却査定依頼

おすすめ物件 - 購入する